ステータスとして時計を扱う場合の3つの注意ポイント

経済力を示すアイテムであると知っておく

時計は、時間を知るためだけでなく、持ち主のステータスを上げるアイテムとしても使われています。特に、時計は経済力を強く示すので、ある程度高価な時計を身につけることを心掛けましょう。何より、自分の収入の範囲内であることに注意して購入することが必須です。無理をして高い時計を買ってしまうと、周りの印象が悪くなる可能性があります。『無理して買っている』や『目立ちたいだけ』と思われる可能性があるので、自分の身の丈に合う範囲に留めましょう。

センスを示すためにデザインにこだわる

時計のデザインは様々で、シンプルなものから派手なものまで揃っています。そのため、選ぶ人のセンスを決定付けることになるので、慎重にデザインを選ぶ必要があります。シンプルすぎると周りにはウケず、派手すぎると悪い印象を持たれます。特に、宝石類がついているような時計は、先ほどと同じく『無理している』印象が強くなるのでオススメできません。自分にとって良いと思うデザインを選ぶことが、自分のセンスへと繋がるので、自信を持って選びましょう。

誰もが知っている時計を身につける

時計にもブランドがあり、認知度の高いブランドの時計をつけているだけでハイステータスとして扱ってもらえます。ただし、良く知られているブランドの時計は、その分高いので、収入面に注意してブランドを選ぶようにしましょう。逆に、誰も知らないようなブランドでは、購入しても人の目を引くには弱いため、損をしてしまうので避けましょう。誰もが知っているブランドであることがポイントなので、そこを必ず注意するようにしましょう。

ブライトリングを短期間のうちに選びたい場合には、購入者のレビューを参考にしつつ、各自の希望を担当者に伝えることが重要です。